PCASを使ったクレジットカードの承認技術と買い物のスムーズ化

PCASとはVISAのオーソリゼーションシステムを運営するサービスの一つで、オーソリゼーションが利用される度に利用者の決済に応じてリスクレベルを分類し、リスクに対して代行オーソリゼーションの限度額を設定します。

オーソリゼーションとはクレジットカードの承認の事であり、加盟店でクレジットカードが利用された際に、利用が許されるものなのかをチェックする必要があるのです。許可されないクレジットカードとしては、紛失や盗難などで悪意のある第三者が本人に成りすまして利用する場合や、支払いの滞納や遅延によって金融事故を引き起こしが当てはまります。

他にも信用が出来ない人間として評価され、クレジットカード会員資格を取り上げられた利用者が使う場合などが該当します。これらの使用することが出来ないクレジットカードの判別は、加盟店では行う事が出来ません。

そのため、オーソリゼーションシステムを通して無効通知リストと呼ばれる、使用できないリストとデータを照合させることで、合否の判定を行うのです。
これにより、リストに該当するものであれば決済に進むことが出来ずに商品の購入が行えない状態になります。

合否判定で信用が出来る判定が下された場合には、次に誰が使用しているのか、どの金額の決済させるのか通信を行い、決済が出来る仕組みになります。通信技術の発達からこのような流れも一瞬で処理が行われることから、即座にクレジットカードを使った決済が可能であり、時間なども短時間で済むので、買い物のスムーズ化にもつながっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ