無効チェックによるクレジットカードの判定

無効チェックとは、加盟店でクレジットカードを利用する際に信用承認が行われ、クレジットカードが有効なものなのか無効なものなのかをチェックする事です。
クレジットカード発行会社には無効通知リストと呼ばれる利用することが出来ないクレジットカード番号が控えられています。

無効になる条件としては単に有効期限が過ぎている物から、利用者が返済の滞納や遅延などを繰り返して利用停止になった物、紛失、盗難などで利用者の手から離れてしまった場合などが該当します。

これにより、利用が認められない利用者や本人とは関係のない第三者による不正利用を防ぐ為にチェックが行われているのです。
クレジットカード会社からの利用許可が下りない場合には、加盟店では決済が行えないのでエラーが発生し、認証をクリアしたものしか使えない仕組みです。

昨今ではインターネットの普及によりオンラインによる認証が一般的であり、即座に無効通知リストとの照合が行われるので、即座に商品の購入やサービスを受けることが可能になります。

インターネットショッピングなどでも無効チェックが行われており、クレジットカードを直接提示するわけでもなく、番号だけで使えてしまうことから、コンピュータウイルスなどで番号だけ抜き取られた場合には利用者が気づかないうちに不正利用が行われる危険性も高いものになります。その為、インターネット上でクレジットカードを使う場合にはセキュリティ等の注意が必要になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ