リレーショナルデータベースを使った金融業界での審査とは

リレーショナルデータベースはデータベース方式の一種で、複数の項目を構成された表で表すことで、固有の管理番号や項目名によりデータを簡単に検索することが可能になります。更に複数の表を組み合わせ統合させるなどのコンピュータ特有の表を作ることが可能な事から、最も利用されているデータベースです。

Excelなどの表計算ソフトでも使い方によってはリレーショナルデータベースを作ることが可能であり、テーブルを作成し、入力すべき情報を入力することで簡単に作れてしまいます。

金融業界ではこのデータベースを用いて各金融機関と情報を共有することがあります。それが無効通知リストです。クレジットカードや消費者金融などで支払いの遅延や滞納などが目立つ利用者の登録を行い、個人信用情報機関に情報を提出します。

各金融機関は個人信用情報機関のデータベースにアクセスすることが可能なので、クレジットカード、消費者金融、銀行のローンサービスに申し込んできた利用者の氏名や住所などをデータベースで検索を行う事で、過去に金融事故を引き起こしていないのかをチェックする必要があります。

データ照合で過去の情報が見つかった場合には信用が出来ない利用者と評価され、申し込み自体を拒否することが可能であり、出来るだけリスクを軽減するための処置として利用されます。問題がない場合には信用が出来ると評価されるので、クレジットやローンなどの信用取引を利用することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ