残高移行が必要となるクレジットカードのメリット、デメリット

残高移行とは、主にプリペイドサービスで新しいプリペイドカードなどの番号に残金を移行させ、統合させるサービスになります。

昨今ではクレジットカードにEdyやSuicaなどのIC乗車券が搭載されている電子マネー搭載モデルなども登場しており、クレジットカードの更新の際にはカード本体を切り替えることから、電子マネー内の残高を移行させる必要があります。

特にプリペイド型電子マネーを利用する場合には、本体がボロボロになってしまい切り替える場合や、新しい機能が搭載されたモデルが登場した際に、インターネットや各電子マネーを取り扱う窓口で行います。新しい決済サービスでもあるので、まだ不十分な部分が目立っている状況です。

このようなプリペイド型と異なるモデルとして登場するのが、ポストペイ型電子マネーです。これはクレジットカードと直接連動することで、電子マネー決済で利用した金額を直接クレジットカードで決済が行えるという特徴があります。

これによりプリペイド型電子マネーの様なチャージ不要で残高を気にしなくていいメリットがあります。しかし、対応する店舗の少なさや対応するクレジットカードが必要であることから、扱うにはハードルが高いと言えます。

しかし、利便性に関しては高いもので、クレジットカード決済と似ている部分がありますが、サインレス、暗証番号の必要がありません。さらにリーダーにかざすだけで決済がスピーディーに行えるポイントが、クレジット決済と異なるポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ