チップゾーンと呼ばれる電子マネーが利用できる店舗が多いエリアとは

チップゾーンは特定のICチップが搭載されたカードによる決済ができる店舗が集まったエリアの事で、主にIC乗車券での決済に対応した店舗などが集まる地域の事です。
非接触ICカードの登場により決済手段が大きく変わりました。特に駅周辺ではIC乗車券による決済手段が採用されています。

JR東日本の駅であればSuicaによる決済に対応した売店や駅ビルに出店している専門店などが対応しており、一つのチップゾーンと言えるでしょう。しかし、駅周辺から出てしまうと現金やクレジットカードのみの店舗や別の電子マネーによる決済などがあるので、不便な一面もあります。

また、駅でもJR東日本の管轄から出てしまえば、乗車券の種類自体が変わってしまうので、現地の鉄道会社が発行するIC乗車券には対応出来ますが、Suicaには対応しない店舗があるポイントも注意すべきです。

昨今では多種多様化してしまったIC乗車券に相互利用の互換を搭載することで、別の鉄道会社のエリアだったとしても所有している乗車券による決済が行えるようになり、以前よりもチップゾーンが増えたことになります。

ただ、これから対応する乗車券なども存在するので、他の地域で利用する場合には利用できるのかどうかチェックしておく必要があります。まだ新しく登場した支払い手段なので普及の面や利便性の面では現金に劣る一面も持っていますが、クレジットカードとの連動によりチャージ不要など新しい試みが行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ