納税申告を行う個人事業主の提出書類とは何か

納税申告とは、納税者が税金を税務署へ所得を申告することで、納税額を決定させる申告の事です。確定申告などとも呼ばれており、1月から12月までの収入支出などを計算して翌年の2月16日から3月15日までに申告を行います。

昨今ではインターネットサービスであるイータックスによる申告も受け付けており、オンラインバンキングやペイジーなどの決済サービスを利用する事で納税が行える仕組みなども登場しています。ただし現段階ではクレジットカードの利用は行えず、ふるさと納税などでしかクレジットカードによる納税には対応していません。

確定申告は主に個人事業主などが行うものであり、会社などの組織に属している場合には会社が処理を行う事から、給料からの天引きで処理が行われるので、会社で働いているサラリーマンやOLなどはあまり意識することがありません。

しかし、サラリーマンでも確定申告が必要なケースがあり、給与収入が多い場合や副収入による会社が把握しない収入がある場合には確定申告を行う必要があります。

また、普通に就労している場合でもローンを使ってマイホームを購入した場合や多額の医療費を負担した場合には、確定申告を行うことでお得になるケースもあるので、注意してチェックしておきましょう。

このように納税額を決めるために納税申告は行うものであり、メインとなるのは個人事業主やフリーで働いている人たちの税金を決定するための書類であり、年間の所得を申告します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ