BRPを用いた企業体質の改善と情報システムを使った効率化

BRPとは、ビジネス・プロセス・リエンジニアリングの略称です。経営コンセプトの一つで、コストや品質および、スピード、サービスなどの業績を改善するために組織やビジネスルール、手順などを根本的に見直し、ビジネスプロセスに視点を置いて組織、職務、業務フロー、管理機構、情報システムを再構築する事になります。

行う目的としては企業活動の再設計であり、昨今のインターネットテクノロジーの導入により、中小企業などで、新たなる効率化の為に導入が行われ、これによって企業体質や構造を根本的に改革することが可能になります。

例えば、社内メールシステムやスケジュール管理など社員同士が情報を共有する場合には、情報システムを導入する以前では口頭や紙などの媒体で伝えることが前提になりましたが、現在ではクラウドサービスなどの登場により、簡単に構築できるようになりました。

会社内のデータ保存領域に文章ファイルや表計算ファイルなどを保存していれば、誰もがインターネットを通してアクセスすることが可能であり、スケジュール管理にしても専用のソフトウェアを使う事で、社員の誰が営業で外回りをしているのかなどを把握することが可能です。

これによって経営組織自体の効率化を図ることが可能であり、企業活動を見直すことも可能になります。
クレジットカード会社もこの仕組みを導入したことで、企業効率化を図ることが可能になり、サービス業界もインターネットを使う事で、サービスの効率化が行われました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ