無効通知リストに掲載されるクレジットカード

無効通知リストはクレジットカードの無効になった番号を記載したリストの事です。CAT端末によりデータベースで管理されており、加盟店でクレジットカードが利用された際に、即座にデータベースで照合が行われた際に有効なものなのか無効のものなのかを照らし合わせることで、決済できる仕組みになります。

クレジットカード番号が無効になる例としては、紛失や盗難に遭遇した場合があり、クレジットカード会社に連絡を行う事で、無効にする必要があります。これによって不正に入手した本人ではない第三者からの不正利用を防ぐ意味合いがあり、危険性のある番号として二度と使われないようにリスト化するわけです。

また、支払いの遅延や延滞などで利用停止が行われたものに関しても該当し、クレジットカード会社からしてみれば利用されては困るものについて無効登録が行われる仕組みです。

昨今ではクレジットカード本体の紛失、盗難以外にもインターネットによるサイバー犯罪による被害も目立ってきており、企業が管理しているサーバーからクレジットカードの情報が流失している事件が多々あります。

その為、利用者は利用しているインターネットサービスの企業のお知らせをチェックする必要があり、一度流失してしまえば不正利用の恐れがあることから連絡を行い無効化してもらいます。このような事態もあるので、パソコンや携帯電話のセキュリティを高めていたとしても、不正利用される可能性はあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ