リレーションシップカードで多様な決済手段を使う利用法

リレーションシップカードは1枚に多様な支払い機能を持たせたクレジットカードの事です。主にポイントサービスによる支払いも可能であり、使用して付与されたポイントを使って支払い時に割引やポイントだけで商品を購入することは珍しくもなくなりました。

また、昨今では電子マネー搭載型クレジットカードも登場しており、Edyやnanacoなどのプリペイド型電子マネーからiDやQUICPayなどのポストペイ型電子マネーまでが搭載されているので、クレジット以外による決済手段が利用可能です。

電子マネーに関してはクレジットカードとの連動性が重視されており、プリペイド型電子マネーの場合にはあらかじめ入金を行う仕組みになりますが、残高が一定の金額を切るとクレジットカードからオートチャージする仕組みを採用しているので、チャージ機で入金を行う必要がなくなりました。

ポストペイ型電子マネーではチャージ不要の特徴があり、利用した際に直接クレジットカードで決済を行う事から、残高などが発生しないメリットがあります。

電子マネーには種類によってはIC乗車券としての役割もあります。クレジットカードを駅の改札口やバス入口の読み取り機にかざすことで切符や乗車券を購入しなくても乗車した場所から降車した場所までを自動で計算を行うので、運賃がIC乗車券内の残高で自動で引き落とされる仕組みになります。これにより、買い物から交通機関を利用する場合でも1枚で決済することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ