EFTを用いたクレジットカード利用手段の変貌

EFTとは電子的口座決済、電子資金振替システムの事で、Electronic Funds Transferの略称になります。通信技術、コンピュータを用いて預金口座間の資金移動や決済を処理することが可能です。

昨今のインターネット技術の向上によりEFTが利用される場面も身近なものになり、以前ではATMやキャッシュディスペンサーを利用した銀行間のネットワークでの取引がメインでしたが、インターネットを使う事で、パソコンや携帯電話などからもオンラインバンキングにて時間や場所を問わず資金移動や銀行振り込みによる決済が行えるようになりました。

クレジットカードもこのシステムを用いて利用されており、加盟店とクレジットカード発行会社がネットワークで接続されていることにより、利用者がどのくらいの利用額を使ったのか、クレジットカードは現在利用可能なのかを認証してくれる仕組みになります。

クレジットカードもインターネットによる使い方に大きな変化を見せており、オンラインショッピングや有料コンテンツもすぐに決済が行える手段として利用者が多く、電子取引の定番にもなっています。

その一方でセキュリティ面での不安要素も大きなもので、パソコンや携帯電話に悪意のあるソフトウェアが侵入していた場合にはクレジットカード情報が盗まれることで不正利用へと繋がってしまうデメリット面も存在します。気軽に利用できる電子決済の利便性には危険も伴うわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ