電子マネーのチャージをクレジットカードで行う

前払いが前提のプリペイド型電子マネーは、チャージと呼ばれる入金を行う事で、入金した金額分を利用することが可能になるシステムの電子マネーになります。利用者はあらかじめ入金を行い、電子マネー内残高が減れば新たに入金を行う必要があります。

このシステムにより、紛失や盗難された場合に不正利用が行われていたとしても残高だけに被害を留めることが可能になるメリットがある一方で、毎回入金が必要になるという手間が発生します。

この煩わしさを解消するシステムとしてオートチャージが誕生しました。プリペイド型電子マネーの提供方法の一つにクレジットカードに電子マネーの機能を搭載したモデルです。

これはあらかじめ電子マネーのカード内残高が一定の額よりも低くなると、クレジットカードから指定された金額を入金する仕組みであり、利用ごとに残高を気にして入金を行う手間を省いてくれるのです。IC乗車券などでも提供されているスタイルで、電車やバスなどを利用する際にも対応したIC乗車券であれば、同様の仕組みで利用することが可能です。

しかし、プリペイド型なので常にカード内残高が生まれる状態であり、あまり利用しない人の場合だと残高を使わないままにしている場合があります。

それに対応出来るものとしてポストペイ型電子マネーで、これはクレジットカード同様に利用した金額分をクレジットカードに請求を行うという仕組みであり、残高が生まれないメリットがありますが、クレジットカードと紐づけすることから、対応するクレジットカードを持つことが必須となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ