納税負担をクレジットカードで行う事が可能なシステム

納税負担はクレジットカードによる支払いも可能であり、地方自治体によって対応が異なります。クレジットカードによる決済システムが導入されていない地方自治体は、仲介業者のシステムを挟むことになり、費用面の問題が発生します。

インターネット上で操作を行うので、ある程度のITスキルの必要性が生じるなど、カード導入へのハードルの高さが問題視されています。
インターネット上で納税を行うので、24時間いつでもどこでも支払えるようになりました。

クレジットカード払いでは分割支払い、ポイント付与サービスなどを受けることができます。現金で納税を行うよりもお得に利用することが可能であり、地方自治体としても住民の利便性を向上させて税金の回収率を上げる目的のために、このシステムが導入されているのです。

問題点としては各自治体のサービスに大きく差がある事であり、いち早くカード払い対応を取り入れた都心部でしかニーズを受け入れていない状況です。

地方の小都市にもなると税金の納め方への対応がマチマチになってしまい、インターネット上であるにも関わらず地方格差を生み出しており、都市部と比較すると各種税金の回収率としても大きな違いを生み出しているのです。

地方自治体がシステムの導入を行うだけで納税者が簡単にクレジットカードを利用して納税を行うことが可能になりますが、まだ最近始まったばかりのサービスなので、今後の展開などにも期待が持てるものでもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ