無効番号を使う事による不正利用を未然に防ぐ

クレジットカードには無効番号というものがあります。これは「無効通知リスト」と呼ばれるリストに登録されているクレジットカードの番号であり、加盟店などで利用する際にはオーソリゼーションと呼ばれる承認システムを使って利用できるのかを判定することになります。

もし、無効通知リストに登録されているものを利用した場合には判定結果としても無効になるので、クレジットカードを使うことが出来ません。

無効番号として登録が行われるケースとしては、クレジットカードの盗難、紛失をした場合で、利用者は紛失、盗難に気付いた際にはすぐにクレジットカード会社に連絡を行い、利用停止の申請を行います。

これにより、本人ではない第三者がなりすまして利用することを防ぐ狙いです。気付きにくい犯罪としては、インターネットでキーロガーなどの不正ソフトを使ってカード番号を盗み出す行為があります。

インターネット上では実物が無くても番号だけで商品の購入などを行うことが出来るので、情報だけ盗難に遭遇する場合もあるでしょう。早期に気付くことが重要で、利用明細などをチェックして不正利用が行われていないかどうかを確認しなければなりません。

無効通知リストに登録が行われるもう一つのケースとして、クレジットカードの会員権が停止させられた場合です。これは支払いの滞納や与信枠の現金化などの規約違反を行う利用者に対して停止措置が行われ、無効通知リストに登録が行われます。これにより使うことが出来なくなる仕組みになのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ