リローダブルカードによる顧客の囲い込みと普及

リローダブルカードとは、チャージを行う事で何度でも繰り返し利用できる電子マネーの事です。

非接触型プリペイド式電子マネーと似たような性質がありますが、こちらの場合にはコンビニやスーパーなどの取り扱い店舗数が多いのに対し、リローダブルカードは発行する会社のチェーン店でしか利用できず、主に美容室やカフェなどで使われています。ハウスカードの様な利便性よりも、顧客の囲い込みに特化した電子通貨と言えるでしょう。

非接触型プリペイド式電子マネーの存在が大きいことから、リローダブルカードの存在自体は目立つことが無く、利用している美容室やカフェなどの利用者を中心に利用されている現状があります。その為、あまり日常生活には密着しておらず、IC乗車券などのプリペイド式電子マネーと比較しても目立った展開が行われていません。

海外ではメジャーな決済手段として利用されており、インターネット上での取引きでもクレジットカードよりも安心して利用できる仕組みとなります。

日本でもインターネット限定でWEBマネーやビットキャッシュ、VISAデビットなどの類似したサービスが行われており、パソコンに専用のカードリーダーを接続することで、IC乗車券やEdyなどの非接触型プリペイド式電子マネーによる決済が可能になっています。

これにより、日本では同様の別サービスが導入され、普及しているので海外で一般的に使われているサービスが浸透していません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ