サンプリングによるクレジットカードのマーケティングとセキュリティ

サンプリングとは、データの中からランダムに代表標本を選択し、解析を行う事です。統計調査などで用いられている手法で、全てのデータを逐一分析すると手間とコストが多く発生してしまう事から、低コストで効率よく調査を行うために登場しました。

コンピュータシステムであれば、分析結果が自動的に算出される仕組みです。
解析された結果を元に、今後のビジネス展開へのマーケティングに活かされることになります。

クレジットカードの場合にはユーザーの動向などの調査に利用されており、例えば20代の男性でインターネット利用者を調査対象にすると、どのようなサイトを利用しているのかを長期的に分析することで、20代男性向けのマーケティング戦略を構築することが可能です。

このように特定のターゲットに対しての広告戦略などにも利用されており、効率のいいビジネス展開を行うことができます。
また、クレジットカードのセキュリティの調査などにも導入されています。

被害に遭遇したクレジットカードの利用方法や情報流失先などをサンプリングとしてデータ解析を行い、今後のセキュリティ強化に利用されるデータとして使われることになります。

特にインターネット上のフィッシング詐欺サイトなどで被害に遭遇しているケースが増加している為、利用者に注意を促すクレジットカード会社も多いです。このようにデータを回収することにより、今後のマーケティングやセキュリティ向上の為に利用されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ