ノーショーチャージによるホテル宿泊費請求とは

ノーショーチャージとは、予約しているホテルに連絡を入れずにチェックインしなかった場合には本人のサインが無くてもクレジットカードから宿泊費を請求されることです。国内外のホテルではクレジットカード会社と契約を行っており、予約の際にはクレジットカードを登録しておく必要があります。

これによりいたずらに予約することを防ぐことになりますし、チェックインしなかった場合でも宿泊費を請求できるからです。予約をした客室はその日の予約者のために確保されている状態です。これにより、宿泊者の都合によっては深夜帯にチェックインを行っても、キャンセルを行わない限りは宿泊することが可能になります。

最近ではインターネットによるホテルの予約が可能で、予約フォームにクレジットカードの登録情報を入力しておくことで宿泊前に決済を済ませておける方式になりました。その為、予約者が事前にキャンセルを申し出ない限りは返金を求めることが出来ず、チェックインを行わないと損をすることになります。

ホテル以外のケースでは、チケットを必要とする飛行機のチェックインなどでも導入が行われており、キャンセル料以外にもノーショーチャージ料を取る会社なども登場しています。

都合により事前に連絡を行えばキャンセル料だけが発生するだけで済みますが、連絡を入れないまま搭乗口に現れなかった場合には、キャンセル料とノーショーチャージ料の2つを支払わなくてはなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ