光ファイバーを使った高速インターネット回線

光ファイバーとはコンピュータの電気通信を行う回線の事で、ガラスやプラスチックの細い繊維で作られた物を指します。ケーブル内にはレーザー光によってデジタルデータが送受信されており、従来のADSLなどよりも高速での通信が可能です。

現在では一般家庭のパソコンやスマートフォンなどのインターネット回線として利用されています。
家庭だけでなくクレジットカードを利用できる加盟店などでも導入が行われており、オーソリゼーションと呼ばれる承認システムにアクセスを行う際に使用されます。

クレジットカードを利用した際には高速通信で迅速にオーソリゼーションが行われ、カードの使用許可が下りれば、すぐに利用できる仕組みです。

ショッピング時の精算を高速化する為に、従来の専用回線から乗り換える加盟店なども多く、クレジットカードの通信以外にも、コンビニであれば総合情報端末やマルチコピー機、スーパーなどでも本部のシステムにアクセスを行うために利用されています。
個人でも利用する機会は多いので、現在では珍しいものではありません。

その支払い方法としてもクレジットカードが使われており、インターネットに申し込む際に決済手段として選択を行えば、クレジットカードによる支払いが可能です。通信使用料以外にも有料コンテンツの決済なども同時に行われることが多く、銀行やコンビニの窓口での振込みよりも手軽なことから、利用者の大きなニーズに応えています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ