無担保裏書による手形や小切手の責任から逃れること

無担保裏書とは、手形や小切手の裏書に対して「当裏書人は支払いを担保しません」と宣言したものであり、裏書人は自分より後に所持する人に対する担保責任を負う義務を果たさなくてもよい状態になります。

この無担保裏書は約束手形や小切手のやり取りの際に利用されるものであり、約束手形は支払いを約束したことを文書にしたもので将来的に金銭を支払ってもらう事が出来る権利があるので、一つの財産として判断が行われます。

企業や商店ではこの約束手形による取引が行われており、商品を仕入れた際には仕入れ値を後で支払う事を約束することで、後日に今まで仕入れた商品代金を支払わなければなりません。支払う側を振出人、受け取る側を受取人と言います。

しかし、受取人も別の店舗から商品を仕入れており、その商品代金の決済手段として受け取った約束手形を別の他人に渡すことがあります。

このように他人から他人へと約束手形が渡されてしまうと、どこを経由して渡ってきたものなのかが分からなくなるので、約束手形の裏面には途中で受け取った証として裏書を記入することになります。この際に無担保裏書を行う事で、約束手形の効力が失ったとしても責任から逃れることが可能です。

小切手のやり取りなども同様の手法が利用されており、最終的に手形や小切手を受け取った受取人は銀行で現金化を行う事で清算することが可能になり、このようなやり取りが企業や商店などで行われているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ