リロードが必要な電子マネーとクレジットカードの連動性

プリペイド型電子マネーとは、リロードを行う必要がある電子決済方法です。リロードには再充填の意味合いがあり、カード内残金が少なくなった場合には、チャージ機を利用してカード内残金を増やすことが可能です。

この方式の電子マネーでは、あらかじめ入金を済ませておいた金額を利用すれば買い物やサービスを受けることができるので、信用取引などの審査もなく、誰でも所有が出来る特徴があります。

鉄道会社ではIC乗車券としての一面を持つものもあり、カード内にチャージした残金を利用することで、電車やバスなどの交通機関の乗車、コンビニでの商品代金の決済などにも利用されています。しかし、常にカード内残金を確認しながら現金によるチャージをしなければならない手間をわずわらしいと感じてしまう人もいるでしょう。

そこで登場するモデルが、クレジットカード搭載型プリペイド型電子マネーです。これはクレジットカードと連動していることから、事前に設定している金額を切った場合に自動で入金が行われる仕組みです。入金を行う手間を省き、残高を気にすることなく利用することが可能になります。

鉄道会社などもこの仕組みを取り入れることでクレジットカード業界への参入も行っており、IC乗車券にもオートリロードの機能が搭載されています。しかし、クレジットに申し込みが可能な年齢に達した利用者だけに制限されており、交通機関を利用する中学生、高校生などはさすがに所有できるものではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ