イーガンアクトで決められた貸金業法と日本での融資規制

イーガンアクトとは、1914年にアメリカのニュージャージ州で成立された小口金融法の一つで、日本では貸金業規制法に該当する法律です。小口融資を求める個人利用者向けの借金に関する法律であり、当時としては金利が200%から500%と高金利で融資が行われていたので、これらの法律でまとめることになりました。

その結果、1人あたりの融資額は300ドル以内、金利上昇は月利3%と定められました。貸金業を開業する際には許可が必要であると決められており、個人にお金を借りる法律として登場しました。

日本では、融資に関する貸金業規制法において、クレジットカードや消費者金融などの融資サービスに関して法律上で様々な制限が設けられています。

利用者の収入状況に見合わない借り過ぎを防ぐ為に、簡単な審査で無担保でお金を借りることを行う際には融資上限を50万円と決められており、50万円以上の融資を受ける際には収入証明書を提出することで、収入に合わせた金額を求める形式になりました。

また、キャッシングに関しては1人あたり年収の3分の1以下の金額以内しか借りられないようにと定められ、複数の金融機関から借り入れている場合には年収の3分の1の融資枠の範囲内で借りる事になります。

これにはクレジットカードのキャッシング枠も該当するものであり、所有している複数のクレジットカードにキャッシング枠が設定されている場合には融資枠が少なくなる仕組みです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ