貸し倒れ売却による金融機関が所有する不良債権の処理

貸し倒れ売却は、金融機関が不良債権を損失として処理を行う事です。未収となってから1年以上経過した際には償却が認められ、該当する顧客が死亡、行方不明になった場合には6か月で償却されます。

特に貸金業者では個人向けの融資を行っており、債権者が自己破産などで回収不可能になった場合にはこのような処理が行われ、会社側は損をすることになります。

債権者も信用を失うことになるので、個人信用情報機関に登録が行われ、信用が出来ない人間として新たにクレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービスなどに新しく申し込んだとしても審査の時点で落ちてしまう状況になります。

このような不良債権の債務者にならない為にも、クレジットカードや消費者金融などは計画的に利用することが重要であり、返済日もきちんと守る必要があるのです。

不良債権になるケースとしては、債務者が返済を行わない状況に追い込まれた場合であり、自分の収入状況とは見合わない借入金を利用していた場合や支払期日を守らない債務者など、回収するにあたってリスクが伴う状態のものが該当します。

クレジットカード会社から貸し倒れ売却が行われた場合でも会社としては損失として処理されますが、利用者の債務は消えてなくなるわけではありません。支払い義務だけは確実に残されており、債権回収業者や弁護士などに売買が行われると支払先や支払額なども大きく異なることになります。その為、自己破産を行わない限りは支払い義務が消滅することはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ