チャージカードと呼ばれる海外での決算手段と日本独自の電子マネー

チャージカードとはプリペイドカードの一種で、日本国外では一つの決算手段としてクレジットカード発行会社が提供を行っています。日本国内では利用されていませんが、海外へ渡航する日本人なども盗難などのリスクを回避するための決算方法として利用する場合があります。

クレジットカード発行会社が提供を行っているので、カード加盟店であれば利用することが可能です。クレジットの場合には、どうしても使い過ぎていないかが心配になってしまいがちです。

しかし、チャージカードの場合には入金を行った金額内でしか利用ができないので、あらかじめ利用するだけの金額を入金しておけば使い過ぎ防止にも役に立つのです。
日本でも非接触型電子マネーと呼ばれる、チャージカードと似たような性質があるものがあります。

プリペイド式電子マネーを利用する場合には、店舗などに設置されているチャージ機を使う事で入金を行う事が可能です。その為、入金した範囲の金額ならそのままで使用が可能であり、残高不足に陥った場合には新たにチャージを行って残高を増やすか、現金による残りの支払いも対応しています。

これにより子供でも安心した決済が可能で、スーパーやコンビニなど対応店舗が充実しており、交通機関などにもIC乗車券として導入が行われています。海外のようなクレジットカードの加盟店では使う事ができませんが、電子マネー独自のブランドを築いており、複数のブランドに対応した店舗なども登場しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ