ノーショー取引とクレジットカードの関係性

ノーショー取引とは、ホテルを利用する際に事前にクレジットカードを登録しておく仕組みです。ホテルとクレジットカード会社がリザベーション・ギャランティーと呼ばれる提携を結んでおり、もしチェックインしなかった場合でも、本人のサインの有無に関わらず、支払いを請求できるシステムです。

これにより、何らかの理由でホテルにチェックインが出来なかった場合でもホテルの収益を守ることが可能です。予約していた客室はキープされた状態になるので、遅い時間帯にチェックインを行っても客室に泊まることができます。

これは海外ではメジャーなホテルの予約手段で、日本でもクレジットカード会社と提携しているホテルのみこのようなシステムを導入しています。提携していないホテルの場合には、頭金の徴収などを行ってチェックインを行わなかった場合の保険として利用されています。

昨今ではインターネットの普及により、じゃらんや楽天トラベルなどで予約を行う際にクレジットカードを事前に登録を行う事で、ノーショー取引を行うシステムの導入なども行われています。事前予約を行う事で宿泊費を安く見積もることが可能なので、このような仕組みが背景になったとしても利用者は絶えずに利用している状況です。

ただし、キャンセルを行うとこれとは別にキャンセル料が発生する宿泊施設なども存在しています。事前に通告している場合にはキャンセル料だけでノーショー取引が発生しませんが、事前連絡を行わなかった場合にはキャンセル料も追加で請求されるケースがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ