非金銭トランザクションによる金銭とは関係のない情報のやり取り

非金銭トランザクションとは、クレジットカード会社や消費者金融、銀行などの口座に関連した情報のうち、金銭のやりとりに関係のないこと、例えば住所や電話番号、氏名の変更などを行う事です。

逆に金銭に関わる情報のやり取りすることをトランザクションと言い、クレジットカードで商品を購入した際に加盟店からクレジットカード会社へ承認システムを利用する際や株の売買、保険の請求などが該当します。

これにより通信回線や通信方式の重要性なども大きく異なっており、ATMやインターネットオンラインなど、身の回りで起きている通信を利用した金銭のやり取りは全てトランザクションによる通信が行われています。

また、トランザクションはデータのやり取りで発生する処理単位としても利用されており、例えばATMで操作を行う場合にはATMの端末と銀行のデータベース、振り込みを行う場合には振込先の銀行のデータベースにアクセスを行うわけです。

同じ時間帯に大勢の人が集中してアクセスを行ってしまうと、混線を引き起こしてしまい、処理単位が増えたことにより処理を行う速度が低下してしまいます。
また、コンピュータや通信回線のトラブルで処理単位が増えたことにより、パンクしてしまう場合もあります。

昨今では自宅でインターネット回線を利用して金融機関のデータベースにアクセスが行えるようになったことから、金融機関なども処理単位が増えた際の対処法の為にサーバー強化などを行って、混線を防いでいるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ