E-Cashの種類と交通機関を中心とした使われ方

E-Cashとは電子マネーなどの電子通貨の事であり、現金をデジタル化することで財布を持たなくても現金と同等の価値があるカードや携帯電話のアプリなどを指します。ここ数年でコンビニやスーパーなどでは対応店舗の拡大なども行われており、電車のIC機能付き乗車券であれば駅の改札口からバス、タクシーの決済にも利用されています。

電子マネーは大きく2種類に分けられ、事前に現金による入金が必要なプリペイド型電子マネー、クレジットカードから利用金額分だけの決済を行う事が出来るポストペイ型電子マネーがあります。また、提供される媒体は非接触型ICチップが搭載されたカードタイプが多く、一部のクレジットカードにも搭載されている場合があります。

携帯電話やスマートフォンに内蔵されているものも珍しくありません。
このシステムの普及により、おサイフケータイなどのサービスが行われており、コンビニやスーパー、駅の改札口などはカードもしくは携帯電話をかざすことで決済を行う事が可能です。

プリペイド型電子マネーは、ポストペイ型電子マネーと比較しても入金を行う手間が必要であり、クレジットカードとの連動をメインにしないことから、特別な契約は不要で未成年でも所有することが出来ます。

これにより、IC乗車券など通学の為に所有してる児童、学生も多く、入金さえ行えば駅の売店や対応しているコンビニでの買い物がスムーズに行う事が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ