チャージバックと呼ばれる払い戻しが行われる理由

チャージバック制度とはクレジットカードの不当請求などに関するクレーム処理のことで、利用者に代金請求の差し戻しが行われることを言います。例えば、インターネットショッピングでクレジットカードを利用して商品を購入したにも関わらず、一向に商品が送られない場合には、加盟店が不当請求を行ったと見なされます。

購入者がクレジットカード会社に連絡を行えば、送られていない商品の代金請求を差し戻すことが可能です。クレジットカードを利用した買い物でトラブルが発生してしまった際にはクレーム処理が行われており、日本国内に限らず海外での利用でも何かしらのトラブルが発生しています。

この差し戻しの判断を行うのは、イシュアー、アクワイアラーと呼ばれるクレジットカード会社です。イシュアーはカードを発行する会社、アクワイアラーは加盟店と契約を行っている会社になります。

イシュアーの多くはアクワイアラーと同じ会社が兼任しており、加盟店から送られてきた取引データを参考に、加盟店の不正行為が行われていたかどうかの判断を行わなければなりません。

海外でクレジットカードを利用する場合にも該当し、加盟店と契約を行っているアクワイアラーが不正が行われた加盟店に対して加盟店権利の剥奪などのペナルティを科します。また、クレームの削減の為にCRSと呼ばれるシステムなどが導入されていることから、不正利用が発覚した店舗とは今後の取引が行えないようになっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ