貸し倒れ比率で分かる金融機関の危機の割合

貸し倒れ比率とは、所有する債権の与信残高に対しての不良債権の償却額の割合です。融資をビジネスとするクレジットカード会社や消費者金融、銀行などでは、個人や企業などの債務者に対して信用審査を行ってから融資を行っています。

当然ながら返済日にきちんと支払う事を前提に融資を実行しますが、債務者の中には返済の遅延や滞納などをする者も存在しており、債権が回収できない状態のものを不良債権と呼んでいます。金融機関では融資だけを行って元金すら回収できない状況になるので、貸し倒れの危機を迎えてしまうのです。

その為、返済が遅れている、返済不能になった不良債権の割合を出すことによって、金融機関の危機管理を行っています。

貸し倒れを未然に防ぐ為に、金融機関では貸し倒れ引当金の導入が行われてきました。企業に対しての融資を行った際に多額の金銭が動いていることから、債権者である金融機関への影響も大きくなってしまいます。

この影響を出来るだけ抑えるために、取引先相手の経営状況や資本金の状態により積み立てを行い、企業が倒産した場合には積み立ててきた貸し倒れ引当金を充てることで、金融機関への影響を軽減するものになるのです。

クレジットカード会社、消費者金融、銀行など融資する側の各機関では、信用取引を交わす以上、個人の破産や企業の倒産などのリスクを前提にして融資を行っているので、その為の対策として貸し倒れ引当金の導入が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ