CRMを利用した顧客情報とマーケティング戦略

顧客との関係を長期的に築くマーケティング手法として、CRMがあります。これは顧客関係管理と呼ばれるもので、顧客の情報、購入履歴、お問い合わせ内容を記録、管理することで、過去に行った企業、店舗から顧客へのアプローチやお問い合わせのデータにアクセスを行う事で、効率のいい対応を行う事が可能です。

以前では紙などに書いて管理されていることが多かったのですが、インターネットテクノロジーの発展により、コンピュータによる顧客情報の管理が容易になり、データベースから購入率の高い顧客を抽出して、アプローチしたい商品をダイレクトメールやメールマガジンなどで広告戦略を展開する企業もあります。

クレジットカード業界でもCRMが利用されており、利用状況に応じてランク上のクレジットカードへの案内やポイントサービスの充実などで、いかに顧客にお得と感じてもらい、利用回数を増やしてもらうかという戦略へと切り替わっています。

特にインターネット上にはクレジットカード会社の専用ページも用意されており、専用ページ経由で紹介されているオンラインショップで商品を購入するとポイント倍増などのサービスも行われています。

いくつかの商品を購入したユーザーには、過去の購入履歴を元に、興味がありそうな商品やおすすめの商品が画面上に自動で紹介されるシステムもあります。このように購入状況や住んでいる地域、性別などの情報を元に、商品のアプローチが行いやすくなっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ