ノードによるネットワークの構築とクレジットカード

ノードとは、ネットワークシステムで利用される情報の分配、振り分け先をコントロールするシステムのことです。

主にサーバーやルーター、コンピュータなどに接続されており、情報を求める側がコンピュータを操作してネットワークにアクセスし、情報を引き出す際にはサーバーやルーター、コンピュータなどを経由して必要な情報を取り出しに行く仕組みになります。

クレジットカードでもネットワークは重要なシステムであり、クレジットカードを加盟店で利用する場合には、オーソリゼーションと呼ばれる承認システムへのアクセスが必要です。利用したいクレジットカードがきちんと使えるものなのかを判定してもらうわけです。

この際にはクレジットカード会社が開発した専用の信用情報端末を通してサーバーへとアクセスを行います。もし、支払いの滞納や紛失などでクレジットカードの利用が出来ない場合には、このオーソリゼーションの時点で使用することが出来ない判定が与えられることになるのです。

また、クレジットカードの審査の際にも、個人信用情報機関が保存しているデータベースへのアクセスを行う事で、過去に金融事故を起こしていないかを確認してもらう必要があります。

信用取引を行う以上は、出来るだけリスクを軽減させるために過去の行いやデータの確認などが重要です。システムを使えばこのようなやり取りを利便性良く行い、必要な情報へのアクセスがスムーズに行えるようになったことから、現在では必要不可欠なものになりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ