ECと呼ばれる電子商取引のメリットとデメリットについて

インターネットを利用した電子商取引の事を、ECと言います。個人同士での商品の売買を目的としたインターネットオークションから、業者が独自で売買の為に設けたオンラインショップなどで行われる取引までを主に指します。

以前では企業間の取引で銀行操作を行う際の資金の移動などに使われていた言葉でしたが、インターネットの発達によりネット関連業が盛んに行われるようになったことから、電子商取引の全体を指す言葉になりました。

決済手段はクレジットカードを利用するケースが多く、クレジットカードに記載されている番号だけで決済が行える手頃さから利用者の人気を集めてきました。

他にはウェブマネーやビットキャッシュの様なプリペイド型電子マネーなども登場し、オンラインショッピング以外にもビデオ配信サービス、音楽配信サービス、オンラインゲームなどの決済手段として利用されています。

オンラインショップはECサイトとも呼ばれており、実店舗を持つよりも店舗維持費が低コストで済むことや地域に限定されずに全国に顧客を持つことが出来るメリットがあります。顧客側としても実店舗まで赴かなくてもよく、実店舗が離れていた場合でもインターネットを通して商品一覧をチェックでき、そこから購入を行う手軽さなどの大きな利点があります。

しかしインターネット回線特有の問題として、ネットワークがオープンになっていることから情報の流失などが懸念されており、クレジットカードのデータが流失するなどの事件もありました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ