貸出基準によって決められているクレジットカード会社の審査

クレジットカードは信用取引で成り立つサービスであり、利用するためにはクレジットカード会社が設定した貸出基準をクリアしなければなりません。また、この基準によって貸し出される金額なども異なるので、審査の際に収入状況や個人の信用状況によって、ショッピング枠、キャッシング枠が設定されるのです。

また、クレジットカード利用中にも再度審査が行われる仕組みになっています。決められた期日にきちんと返済をしている利用者は、融資に対するリスクが低いと判断が行われることから、ショッピング枠、キャッシング枠の拡大などが行われます。

逆に返済の滞納や遅延などを行っている場合には信用が出来ない顧客だと判断が下されるので、クレジットカードの利用が停止されます。金融機関が個人信用情報を共有しているので、他社で滞納を行った場合でも自社での利用停止を行う金融機関も存在します。

貸出基準は各金融機関ごとに設定が異なっており、少しでもリスクを感じる顧客なら申し込み自体を受け付けない会社もあり、新しく立ち上げた会社で1人でも顧客が欲しいと思う会社であれば、少しのリスクも覚悟の上で申し込みを受け付ける会社もあります。

これにより、クレジットカード会社間でも審査のクリアしやすさに差が出てくることになりました。特にインターネット系のクレジットカードはクリアしやすく、古くからサービスを行っているクレジットカードであればクリアしにくい部分が見られます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ