チャージバック認識番号によってトラブルの取引を確認する

チャージバック認識番号とは、クレジットカード会社がチャージバックを行う際に、対象の伝票を識別するために利用される番号のことです。クレジットカードを用いて買い物を行う際には必ずしもまったくトラブルが発生しないとは言えないものであり、利用される加盟店とクレジットカード会社にはルールが決められています。

これを破ってしまうとチャージバックが執行され、クレジットカードを使った取引が無かったことになるわけです。顧客がクレジットカードで購入した商品に対し、加盟店が商品を渡さなかった場合や、商品が破損していたり注文したものが違うものになっていたりする場合などが規則に該当し、顧客はクレジットカード会社に連絡を行う事で取引を無かったことにすることが可能です。

これにより、顧客が商品代金を支払う義務が発生しないことになります。
特に顧客と加盟店が顔を合わせないオンラインショップなどでは、商品がなかなか送られてこないなどの詐欺まがいな事例が多発しています。

チャージバックには期間が定められているので、その期間内であれば執行することは可能ですが、期間が過ぎてしまった場合には何もトラブルが発生せずに取引が無事に完了したものだと判断され、クレジットカード会社としても執行することが出来なくなってしまうのです。

トラブルが発生した場合に調査を行いますが、加盟店側が証拠となる取引伝票の提示を断った場合には、強制的にチャージバックが行われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ