延払条件付販売による商品購入の経済的負担の軽減とは

延払条件付販売とは、商品を買う際に代金をその場では支払いが行われず、一定期間後に支払いを延期させる販売方法です。つまりクレジットカードで商品を購入する場合が該当し、クレジットカードを利用して決済を行ってもその場では現金による支払いは行われずに、後日クレジットカードの支払日にまとめて支払うことになります。

これにより商品購入時に現金を持たなくても商品を買う事が可能であり、後から請求されるので、給料日などを迎えれば支払い状況が楽になる場合もあります。

また、分割払いなどを利用することで、高額な商品を購入する場合にも経済的負担が楽になるのも特徴の一つであり、10万円の商品を5回払いで購入すれば支払額を月々2万円に抑えられるので、現金で一括購入するよりも購入しやすい状況になります。

しかし、クレジットカードで分割購入をする場合には3回払い以上だと手数料が発生するクレジットカードが多いですが、一括払い、2回払いまでは手数料が無料になるのです。
そこで、2回払いまでに留めることで手数料を発生させることなく、商品代金を分割することで経済的負担も軽減できるので、よく利用される手法となります。

延払いは一定期間後に支払う事から、その場では現金が減ることがありません。その為、金銭感覚が狂ってしまうケースも珍しくなく、いくら使ったのか把握できない多重債務者を生み出す要因にもなっているのです。これにより計画的に使う事が重要とされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ