VISAネットと呼ばれるオーソリゼーションシステム

VISAネットとは、VISAの国際ブランドを持つクレジットカードの承認システムのネットワークの事です。VISAカードに対応している加盟店であれば、ネットワークにてVISAのシステムに接続されています。

クレジットカードが利用される際には加盟店側としてもそのクレジットカードが利用できるものなのかを確認する必要があり、スキャン時にVISAネットを介して承認システムへアクセスを行っています。これがオーソリゼーションと呼ばれる承認方法です。

VISAのシステムには、無効通知リストと呼ばれる、利用できないクレジットカードの情報をまとめているデータベースが存在します。例えば、紛失や盗難で所有者から連絡を受けた場合には第三者が勝手に利用しないように機能をストップさせ、支払いの滞納で強制解約されたクレジットカードなども利用することが出来ません。

そこで、オーソリゼーションシステムを通すことで、利用できるかどうかの判定をしなければなりません。加盟店側も商品やサービスを提供する事を前提として顧客に利用してもらうので、使用できるものなのかをチェックするシステムが必要なわけです。

使用できるカードだと判定が下されれば、そのまま決済へと手順を進めることが可能です。コンピュータネットワークを使ってデータのやり取りを行うので、判定にかかる時間は短く、リーダーに通すだけで決済がすぐに行われ、スムーズな買い物ができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ