無利息債務によるクレジットカード、消費者金融のお得な使い方

クレジットカードや消費者金融を利用する場合には、利息というものが発生します。これは利用金額に応じて付加されるもので、元金に加算して請求され、その分が金融機関の利益となります。しかし、無利息債務と呼ばれるものも存在しており、条件によっては利息が発生することなく、融資を受けた元金分だけを返済することで完済が可能です。

クレジットカードの場合には、一括払いや2回払いまでなら利息が発生しないという設定が多く、分割購入の3回払いやリボルビング払いを行った際に利息がつけられる仕組みです。

これにより、月々の負担額が経済的に厳しいのであれば、2回払いで商品を購入する事で利息の発生を抑えることが可能になり、月々の支払い額の軽減を行う手法として多くのクレジットカード利用者に活用されています。

たいていの消費者金融では、初回限定で30日間は無利息、5万円までの融資であれば180日間無利息などの無利息債務が行われており、初めて利用する顧客を対象とした条件でサービスを行っています。

しかし、ノーローンであれば、1か月に1度だけ1週間だけは無利息で融資が利用でき、ノーローンを利用する場合には給料日1週間前に利用すれば、無利息期間内に完済が行うことが可能になるという特徴があります。

もし対象期間が過ぎてしまった場合でも、利息が発生しない期間はそのまま据え置かれるので、オーバーした日付から利息のカウントが行われるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ