レギュレーションEによるインターネットなどの電子決済に関する法律

インターネットの普及により、決済手段なども大きく変化しています。そこでレギュレーションEと呼ばれる電子資金振替法に関する規則が作られました。

これは現実世界での現金による取引ではない、オンラインショップや有料コンテンツなどの仮想世界での決済に関する規則であり、詐欺や不正使用なども現実世界とは異なる手法で行われることから、消費者を守ることを目的としています。

また、クレジットカードも現実世界、インターネット世界で利用する際には、現金による受け渡しを行わずにデータのやり取りだけでその場での取引が完了するので、利用店舗が不正な要求を行うなどのトラブルが起こる可能性も考えられます。

クレジットカードの紛失、盗難が発生した場合には、見知らぬ第三者が勝手に使ってしまう恐れがあるのです。この様な被害から消費者を守るために、不正利用に対する保険などがレギュレーションEによって定められました。

紛失、盗難が発覚した際には、発生から60日以内に連絡を行えば不正利用で使用された金額などはクレジットカード会社が負担するルールなので、利用者は安心して利用することが可能です。

昨今では電子マネーなどの新たなる電子決済手段が登場しており、これらもレギュレーションEによって守られています。電子資金振替法はこのような電気通信による金銭の取引に関する法律であり、利用者も加盟店側もルールに則って利用することで安心して使うことができるようになりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ