ECRSによる緊急カード発行サービスを利用する場合

クレジットカードの紛失や盗難が発生した場合には、ECRSと呼ばれる緊急カード発行サービスを利用することになります。これは今まで使っていたクレジットカードの機能を停止させて、新規分として発行させるものです。

記載されている番号なども新しく発番させることから、自動決済を行っているサービスやオンラインショップで登録している番号を新たに切り替えなければなりません。
紛失や盗難によって見知らぬ第三者が勝手に使う事態を防止するために、それまで使っていた番号は無効通知リストに登録が行われます。

クレジットカードを利用して決済を行う際に、オーソリゼーションと呼ばれる承認システムが作動します。無効通知リストと照合を行った結果、リストに該当する場合には承認が下りないので、不正利用を防ぐことが可能です。

カード本体が紛失、盗難した場合には本体が無いのですぐに気付くのですが、インターネット世界では情報だけを盗む犯罪もあり、手元にクレジットカード本体があったとしても情報だけ盗まれるケースもあるので、常に明細書などをチェックして不正利用に気を付けなければいけません。

また、オンラインショップなどの企業のサーバーが攻撃されたことでクレジットカード情報を含む個人情報の流失事件なども起きています。パソコンのセキュリティを高めていたとしても、サイバー犯罪に巻き込まれる可能性もあるので、ニュースなどにも注目しておく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ