瑕疵担保による商品の欠陥の取引キャンセルとは

瑕疵担保とは、商品の売買を行った際に、商品に欠陥があった場合に売主が買主に対して負う賠償責任や契約解除を含む契約の事です。これにより、商品を購入した際に破損していた場合には、売主には破損に関しての責任が求められます。

通常の買い物の際にはあまりこのルールが適用されることは無いのですが、住宅購入などの大きな金額が動く買い物の際には、売主の責任が問われることになります。

例えば、家が傾いている、雨漏りが酷いなどの欠陥住宅の場合には物理的瑕疵に部類され、買主は売主に対してローン契約の解除や修繕費用を請求することが可能です。しかし、瑕疵担保責任の追及には条件が存在しており、買主が欠陥に気付いてから1年以内に売主に対して追及を行わないといけないというルールがあります。

クレジットカードで商品を購入する場合には、チャージバックと呼ばれる決済の無効化が該当します。これはクレジットカード会社と加盟店の間でルールが決められています。クレジットカードを利用して商品を購入した際に商品に欠陥があるのであれば、返品して交換対応などを行ってもらう必要があります。

加盟店側が顧客の要望に対して応えない場合には、顧客に対してきちんとした商品を渡していないことになるので、クレジットカード会社がクレジットカードの決済を無効化する仕組みになっています。これがチャージバックであり、加盟店はきちんとした取引を行う義務があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ