CRBによるクレジットカードの利用判定とは

利用するクレジットカードが有効かどうかを加盟店側が調べる際に利用するものが、CRBです。これは無効になったクレジットカードを通知するサービスで、現在ではカードを機器に通した際に判定が行われる仕組みです。

一昔前までは紙で無効になった情報が渡されていましたが、コンピュータネットワークが充実した現在では、オーソリゼーションと呼ばれる機械承認によって判断が行われています。無効になったクレジットカードが登録されれば即座にシステムに反映されるので、不正利用による買い物が行われにくい状況になりました。

クレジットカードが無効になる理由は、紛失や盗難などで本人ではない第三者からの不正利用を防ぐことや、顧客が支払いの滞納などを行って利用停止になったものが多く該当します。これらはクレジットカード会社が所有する無効通知リストによってデータベースで管理されています。

オーソリゼーションの際にはこのデータベースに照らし合わせることで、利用の判定を行うことになります。
顧客側も紛失や盗難に気付いた際には、すぐにクレジットカード会社に連絡を行って、無効通知リストへの登録を行ってもらわなければなりません。

インターネット上でクレジットカードの情報だけを抜き取る犯罪などもあるので、不正利用を防ぐ為には早期に怪しい取引に気付くことが重要です。その為、使用状況の監視システムで顧客の使用パターンを記録しており、使用場所や購入商品、金額などに違和感がある場合には連絡で本人確認を行います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ