チャージバックリーズンコードと呼ばれる取引無効化の理由とは

チャージバックリーズンコードとは、クレジットカード会社がどのような理由でチャージバックを行うのかを加盟店に対して示した番号のことです。
チャージバックとはクレジットカード会社が加盟店に対して支払いを無効にするもので、顧客への請求も無効になります。

主に加盟店が顧客に対して不利益になることを行った場合に発動させるもので、例えば、オンラインショッピングで顧客が商品をクレジットカードで決済を行ったのに、一向に商品を発送する気配が無いなどのトラブルが該当し、取引自体を停止させます。

チャージバックの理由は他にも、注文とは違う商品を発送した場合や表示金額とは異なる金額を請求した場合などのトラブルの元が加盟店側にあるものから、顧客のクレジットカードが紛失や盗難などで本人ではない第三者が不正利用してしまった場合に行われます。

このような理由からチャージバックが実行されて取引が無効になりますが、一方的に取引が無効化されたとしたら加盟店側には説明がないままになってしまうので、チャージバックリーズンコードによってどこに問題があったのかを知らせる必要があるのです。

トラブルが発生した場合には、実際に存在する店舗やインターネット上での仮想店舗などでも執行されるものであり、特にインターネット上では実際に足を運ぶことができない店舗なので、悪質な店舗なども少なからず存在しています。このようなトラブルを回避するためにこの仕組みが登場しました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ