延払信用による商品の分割購入とクレジットカード

延払信用とは、商品の購入やサービスを利用した際に支払う代金を一定期間猶予する事です。延払いとは、例えば高額商品を購入する際に利用する分割払いなどが該当し、その場で現金による支払いを行わずにクレジットカードやローンを組むことで、後日に一定金額を分割して支払う購入方法になります。

顧客が利用した代金は、一時的にクレジットカード会社やローン会社が建て替えを行うので、信用問題なども重要になり、金融機関側も返済の見込みがない顧客の為に商品代金を立て替えることはありません。

その為、クレジットカードの加入や高額商品を購入する場合に組むローンなどは審査が必ず行われるものであり、信用できない人間は利用できない仕組みになります。

目的物を分割で買う事によって、一括購入よりも月々の支払いが楽になるので、高額商品が気軽に買えるシステムとしてブランド商品やパソコン、自動車などの購入に充てられるケースが多いです。クレジットカードやローンで分割購入をする場合には利息が発生する決まりがあり、元金と利息をあわせて支払うことになります。

この利息は分割回数が多ければ多いほど割合も大きくなる仕組みで、クレジットカードの場合には2回払いまでであれば利息が発生しませんが、ローンの場合にはキャンペーンなどで6回払いなら利息が発生しないというケースもあるので、選択するローン会社によって異なります。お得なローン会社を見つけることが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ