企業がビジネスカードと呼ばれるクレジットカードを採用する理由

ビジネスカードとは、会社や個人事業主が利用出来るクレジットカードのことで、法人カードとも呼ばれます。カードは会社に一枚では無く、発行は所有者ごとに行なわれるので、クレジットカードには法人の名前と所有者の名前が記入され、各社員が個別に所有する事が出来ます。

ビジネス上で発生した経費を精算するために社員に持たせるケースが多く、主に出張の交通費、宿泊費や取引先相手との交際費などビジネス上に関係のある支払いを会社宛てに請求が行われることから経理業務の効率化にも一役買っています。

また、何に使ったのかも会社側で正確に把握することができるので、社員がプライベートで利用しにくいなど、経費に関する不正防止としても有効といえるでしょう。

審査基準は開業をして3年、黒字を2期連続出すことが条件となっており、個人向けのクレジットカードと比較しても利用金額が大きいことから審査基準も高く設定されています。金融機関から見ても企業が倒産するリスクなどが考えられているので、このような審査を行っているわけです。

個人事業主なども同じ審査基準で所有することが可能であり、プライベート用と仕事用として分けて使う事を目的としている人が多いです。中小企業、個人事業主の場合にはビジネスカードと呼ばれていますが、大企業になるとコーポレートカードと呼ばれて区別されています。利用金額や発行枚数などの差からこのような違いがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ