レギュレーションZによる融資に関する規定

レギュレーションZとは貸付真実法に関する規定で、金融機関が顧客に対して融資を行う場合には明確な信用条件を書面で通知する義務があり、正確な融資コストを開示することが決められています。また、金利や年利などの融資条件に関してもわかりやすく示す必要があり、顧客が安全に融資を受けるための法律になっています。

明細書には融資元本の総額から利子、手数料、サービス料、ポイント、クレジット関連の保険料、支払日などを記入しておかねばなりません。これにより、顧客とのトラブルを事前に解消させる狙いもあるのです。

クレジットカードや消費者金融などの融資でも該当する法律であり、利用者に毎月送付される明細書にはこのような情報が記載されています。昨今では明細書をインターネット上で閲覧することができるシステムもあり、リアルタイムでいつでもどこでも確認を行う事が可能になりました。

紙や運送費のコストを削減するために、インターネット明細書を中心に利用してもらう動きなども増えています。

レギュレーションZの登場により、以前では分かりにくかった金利の計算なども見直されており、顧客は事前の知識があまりなくても金利の比較でクレジットカード会社や消費者金融を選びやすくなったメリットが出てきました。

また、インターネット上ではどこがお得になるのかを比較したサイトもあるので、金利の計算やポイントの付与率などがクレジットカードを選択する要点になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ