CIデータによる個人信用情報のやり取りとリスク回避

クレジットカードビジネスにおいてCIとは、顧客の信用情報のデータの事です。個人信用情報機関に登録されている個人のデータとクレジットカード会社が所有している個人のデータを合わせたものであり、氏名、年齢、性別、住所、過去の返済状況などを管理しています。

信用情報には、クレジットカード会社や消費者金融など各企業が所有しているものと、各金融機関から集めている個人信用情報機関によるデータがあります。例えばクレジットカード会社が他社の金融機関での個人の信用状況を確認する場合には、個人信用情報機関を利用することになります。

自社の利用ではクレジットカード支払いの滞納が無いにも関わらず、他社での滞納が発覚した場合には返済してもらえないリスクが考えられるので、利用停止や与信枠の減額などの処置が行われます。このような処置もCI照合による判断で行われるわけです。

この仕組みから顧客側としても、別の金融機関だから他社で滞納を行ったとしてもセーフになると言うわけではありません。融資に対するリスクのデータを共有することで、事前に返済不能のリスクを回避することが可能です。

共有するデータとは、ネガティブ情報、ポジティブ情報の2種類があります。ネガティブの場合には遅延損害が発生したり、賦払い、代位弁済など金融企業が個人に対してマイナスの印象を持たせるものに対して、ポジティブの場合にはきちんと支払いを行っているから与信枠が増えたなどの金融企業からプラスの印象に受け取られるものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ