レギュレーションBによるクレジットカードの申込者の差別に関する法律

レギュレーションBとは信用機会均等法に関する規則の事であり、クレジットカードやローンサービスなどの信用取引を行う際に、消費者を公平に取り扱うべきことを取り決めた法律です。その為、申込者を年齢、性別、人種などの要素で差別することが認められず、30日以内に申込者へ結果を伝えることが取り決められています。

そして不認定の場合には拒否した理由なども添えて通知を出すことになります。
主にアメリカで利用されている法律であり、人種差別による申込者の差別などが行われていたことから、連邦法として申込者の人権を守るために取り決めが行われました。

これにより、クレジットカード会社やローン会社は申込者を正当に評価を行うことが義務付けられており、融資リスクが少ない人間ほど人種や性別、年齢に関わらず審査が通りやすいです。

州法としても、消費者信用保護法によっても定められており、クレジットカードやローン以外にも小売割賦販売などの信用取引にも関係があるものとして利用されています。
日本の場合には人種差別などがあまり問題視されないので、レギュレーションBと言う言葉自体があまり使われません。

その為、審査の基準は信用が出来るのかどうかということに尽き、収入状況をはじめとした融資に対してのリスクを中心に判断が行われることになります。過去に金融事故などを発生させている場合には信用があまり出来ないので、審査をクリアすることが出来ません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ