ETCを利用したクレジットカードの使い方

ETCとは電子料金収受システムのことで、有料道路の料金所に設置されている機器になります。自動車の中に専用の機器を設置することで、料金所に停まることなくスムーズに清算が行えるという特徴があり、料金所での渋滞を解消してくれるものとして利用されています。

クレジットカードを使った清算方法で、自動車側に設置されているETCの機器に専用のクレジットカードを差し込めば、クレジットカードで利用料金の決済が行われる仕組みです。

その為、金融機関ではETCに対応したクレジットカードを発行しており、利用者はその専用のクレジットカードを入手しないといけないので、利用したい場合は新たに申し込まなければなりません。

専用になる理由は、車載器との接続の為に専用の端子が搭載されており、ICチップには固有の情報が書き込まれているので、高速道路利用時の情報なども記録されているからです。

クレジットカードを契約できない人の為にパーソナルカードも登場しており、高速道路会社が銀行振り込みやコンビニエンスストアでの支払いの振込用紙をあとから送付して、利用金額分を請求する仕組みです。

こちらは審査が必要ないものになりますが、あらかじめデジポットと呼ばれる預託金を入金しておく必要があり、年会費も発生します。これにより、所有するためのコストが高い反面、審査が必要としないので誰でも所有することができるメリットも大きく、企業などでも導入が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ