シーアイシーによるクレジットカード、消費者金融の審査

シーアイシーとは個人信用情報機関の一つで、消費者金融やクレジットカードなどの取引に関するデータを管理しています。他には銀行業界、日本信用情報機構などの個人信用情報機関も存在しており、3社がお互いに利用者の滞納状況や申告情報の共有を行い、過剰貸付や多重債務者の発生防止を目的としています。

これらは所有している個人信用情報を消費者金融やクレジットカード会社に開示する役割があります。例えばクレジットカードを申し込む場合には、利用者はまず記入した申込用紙を提出します。

クレジットカード会社は提出された申込用紙を元に審査を行いますが、信用取引を行う以上は利用者をどこまで信頼できるものなのかを調べなければなりません。当然、過去に他社で支払いの滞納などが原因で金融事故を引き起こしていたりするような自己破産者であれば信頼が出来ないわけであり、それを調べるデータベースがシーアイシーです。

消費者金融やクレジットカード会社での利用状況から提出した書類の記録が管理されており、支払いの遅延や滞納などのデータも管理されています。このようにして、過去の信用取引のデータを確認して信頼できるかどうかの判断を行う事になるのです。

信用情報は常に管理されており、複数のクレジットカードを所有して消費者金融からの融資を受けている場合で、1社の返済が遅れただけで、そのデータは借り入れている全ての会社に送られる仕組みになのです。その為、他社で延滞が発生しただけで強制解約が行われる場合もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ