ノンピンデビット方式によるデビットカードの危険性

ノンピンデビットとは、暗証番号を必要としないデビット決済の事です。ピンは暗証番号の事を指し、もしデビットカードを紛失したり盗難にあったりする場合には、見知らぬ第三者による不正利用が行われる可能性があります。

その為、日本ではピンベーストデビット方式が採用されており、こちらの場合には暗証番号が必要となるので、第三者からの不正利用を事前に防ぐことが可能になるのです。

デビットカードは指定した銀行口座の残高から直接買い物に充てることが出来るサービスであり、使用する場合にはレジに設置されている専用端末を通すことで、即座に銀行口座残高から決済を行うことが可能です。

クレジットカードとは異なり、信用取引を行うわけではないので、特別な審査を行う必要がなく、欲しい商品の為に銀行から購入代金を引き出しに行かなくてもいいメリットがあります。大半のデビットカードは銀行で利用するキャッシュカードに機能が搭載されており、キャッシュカードで利用している銀行口座から利用することになります。

ただし、ポイントなどの付加価値サービスが無いことからクレジットカードよりもメリットが薄いものであり、比較してもお得に使える機会を考えるとあまりお得感が無いもの事実です。

その為、利用者の大半が現金で一括購入を行う際に銀行から引き出してくる手間を省くために使用しているという理由が多く、デビットをメインに利用する人はあまりいないという現状があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ