ビジネスプロセス・リエンジニアリングによる作業プロセスの効率化

ビジネスプロセス・リエンジニアリングとは、BPRと呼ばれている企業活動や業務の流れを最適化するものです。作業プロセスなどを解析することで無駄を発見し、それを改善することで企業の動きをスムーズにして、最終的には顧客に対する還元へと繋がるのです。

昨今では情報化社会の流れもあり、ITの導入によるBPRが行われていることが特徴となります。企業が所有するデータベースに情報をまとめておけば社員がデータベースにアクセスを行えるので、業務の活性化などを目的としています。

クレジットカード業界でも業務の流れをスムーズ化するためにITの導入が行われています。クレジットカード業界では国際ブランド、イシュアー、アクワイアラー、加盟店と、企業によって役割が異なるので、これらをネットワークで接続を行う事で作業プロセスの最適化が行われています。

例えば、加盟店側であれば、使用できないクレジットカードの通知リストが送られて、顧客がクレジットカードを使用するとその通知リストに該当しないものなのかと判断を行わなければなりませんが、以前では通知リストの用紙が送られており、加盟店側はそれが利用できるものなのかを自分たちで判断を行っていました。

しかし、現在ではネットワークでクレジットカード会社の信用情報データベースにアクセスを行う事が可能になったので、加盟店側は自分たちで判断を行わずに、コンピュータの判断でクレジットカードの判定を行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ