メインバンクと呼ばれる銀行口座の使い方とクレジットカード

利用者によっては銀行口座を複数所有している場合があります。メインバンクとサブバンクという形で使い分けられ、給与の受け取りやクレジットカードなどの自動支払サービスはメインバンクで、貯金やインターネットオークションの決済などはサブバンクで行う、といった使い方が一般的です。

特に同じ銀行間での取引の場合には手数料無料になることが多いので、貯金の為ではなく取引の為に開設している人なども多く、仕事場によっても手数料無料になることから、給与の受け渡しに銀行口座が指定されることも珍しくありません。

このように状況によってはそれぞれの銀行口座の使い方が異なり、使い分け方には人それぞれに違いがあります。

クレジットカードの様な自動支払サービスを利用している人の場合には、メインバンクで支払い設定を行っていることが多く、給与の振り込みもこちらで受けることになるので、支払いの度にお金の移動を行う手間が無く、スムーズに支払いを行えるため、一つにまとめておく方が効率が良いと言えるでしょう。

また、クレジットカードにはインターネット上でキャッシングを利用できる振込キャッシングと呼ばれるサービスが存在しており、クレジットカード会社が指定する銀行口座を設定している場合には24時間すぐに振り込みが行えるなどの特徴があります。

指定以外の場合には営業開始時間にならないと振り込みが行われないことがあるので、このようなサービスでも銀行口座を使い分けることがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ